このサイトはSWELLを使用していますSWELLとは

【図解あり】ファクタリング徹底解説!2社間と3社間の違いとは?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡・売却して現金化することです。最近はフリーランス・個人事業主向けのファクタリング会社もふえてきました。

1万円から現金化できる会社もありますし、注文書の段階でファクタリングできる会社もあり、フリーランスの資金調達の選択肢は広がっています。

でも聞いたことのないサービスに「あやしい…」「手数料をぼったくられるかも」など不信感をもってしまいますよね。それに「2社間と3社間って何のこと?」と頭に???ばかりが浮かんでいませんか。

この記事ではフリーランス、個人事業主向けのファクタリングの仕組みについてくわしく解説します。記事をよみ終えると2社間と3社間のちがいどのような手順でファクタリングの手続きをするのかが理解できるようになります。

ファクタリングのしくみについて、詳しく知りたい
2社間取引と3社間取引のちがいがわからない

ファクタリングを利用してみたいけれど、よくわからなくて不安

上記に当てはまる方はぜひお読みください!
以下、フリーランスと個人事業主を個人ワーカーと呼ぶこととします。

タップできる目次

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却して現金化する資金調達方法のことです。分かりやすく言うと、個人ワーカーの未回収の請求書をファクタリング会社に買い取ってもらい資金化します。ファクタリングによって早期に資金化できるためキャッシュフローの改善をはかることができます。

ファクタリングは売買契約なので、負債にはなりません
2社間で行うものと、3社間で行うものがあります。

ファクタリングの種類

・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング

【図解でわかる】2社間と3社間のちがい

では個人ワーカーが利用できるファクタリングとはどのような仕組みなのでしょうか。

2社間ファクタリングは取引先に連絡不要

2社間ファクタリングとは個人ワーカーとファクタリング会社の2社間で行われるファクタリングです。3社間とくらべて手数料が割高ですが、取引先に知られず資金調達できます。

2社間ファクタリングの手順
❶取引先に売掛金を請求する(請求書を送付)

❷請求書をファクタリング会社に売却


❸取引先から請求書の支払いがある


❹回収した売掛金をファクタリング会社に入金

3社間ファクタリングは手数料が割安

3社間ファクタリングとは個人ワーカーとファクタリング会社と取引先の3社間で行われるファクタリングです。3社間の方がファクタリング会社のリスクが低いため手数料は割安ですが、2社間よりも時間がかかるのがデメリット。

3社間ファクタリングの手順
❶取引先に売掛金を請求する(請求書を送付)
 ファクタリング会社に請求書の買取を依頼

❷取引先に売掛金の買取通知、承認をもらう


❸ファクタリング会社が請求書を買取


❹取引先がファクタリング会社に直接支払い

ファクタリングのメリット・デメリット

まずはメリットからみていきます。
ファクタリングは売掛債権の売却なので、負債にはなりません。銀行から融資をうければ負債(借入金)となりますが、ファクタリングの場合は負債とならないことがメリットの一つです。

・期日よりも早期に資金調達ができる
・銀行融資とくらべて手間も時間もかからない
・融資ではないため、負債にならない

デメリットとしては、3社間なので取引先に資金調達が知られます。ファクタリングを利用したことが知られると、取引先から資金繰りを心配されるなどの影響があるかもしれません。

・銀行融資とくらべて手数料が高い
・3社間の場合、取引先に資金調達したことが知られてしまう

経済産業省も普及をすすめる資金調達方法

日本の中小企業の資金調達は借入金に依存せざるをえず、調達資金の40%が借入金です。それも不動産担保や個人保証にたよる銀行融資がほとんど。
これは経済産業省のレポートの引用になります。

中小企業の資金繰りは大企業に比べて厳しいのが実情である。
(略)中小企業の資金調達を円滑化する観点から、不動産担保や個人保証に過度に依存した従来型銀行融資ではない資金調達の途を拡大することが強く求められている。 (略)不動産担保に依拠せずに中小企業者が有する売掛債権や動産を担保とした融資の拡大を通じて、中小企業の資金調達の円滑化を図ることが期待されている。

中小企業における資金調達の課題 (経済産業委員会調査室)より引用

銀行融資に依存するのではなく、売掛債権や動産で資金調達できないか。 経済産業省中小企業庁は、売掛債権を活用して資金調達ができるように普及を促進しています。

https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/urikake_panhu2.htm

偽装ファクタリングに注意!

ファクタリングをよそおい、実際は貸金業を行う偽装ファクタリング会社があります。
通常のファクタリングでは、利用者は売掛債権を売却してファクタリング会社に買い取ってもらいます。そのため取引先が支払不能となっても利用者に弁済義務はありません

しかし偽装ファクタリング会社は買い取ったはずの売掛債権を利用者に買い戻しさせます。これは売掛債権担保融資といって、貸金業にあたります。

ファクタリングだと思っていたら、売掛債権担保融資の契約だった、なんてことがないように契約書をしっかり読みましょう。あやしいと思ったらまず相談!

金融庁 金融サービス利用者相談室
受付時間:平日10:00~17:00
■0570-016811
03-5251-6811(IP電話からの場合)
FAX、WEB、書面で相談したい方はこちら

大阪府公式ホームページ参照

まとめ

いかがでしたでしょうか。
2社間は取引先に連絡不要でファクタリングでき、3社間は割安にファクタリングできるというそれぞれのメリットがありました。どちらもスピード感をもって売掛金を資金化できるので、黒字化をはかりたい個人ワーカーには注目のサービスといえます。

個人ワーカー向けのファクタリングをまとめた記事もあるので興味があるかたはぜひご参照ください。

よかったらシェアお願いします!
タップできる目次
閉じる