ワードプレステーマ『SWELL』を初心者が使ったホンネ感想レビュー

初心者の筆者が有料テーマ『SWELL』を使ってみたホンネのレビューをご紹介します。

同じような初心者のかたの参考になれば幸いです。

筆者のテーマ履歴

①無料テーマ『COCOON』を1年間使用

②有料テーマ『SWELL』に乗りかえて3か月

結論としては初心者こそSWELLがおすすめです。

筆者はかなり遅筆なのですが、SWELLにしてからは直感的に記事を書きすすめることができて執筆速度がスピードアップしました。

せっかく初心者なら記事が多くなる前に乗りかえることを強くすすめたいです。

→SWELL公式サイトへ

\ 初心者ならSWELLが「速い」/

タップできる目次

SWELLの概要

テーマSWELL
価格17,600円(税込み)
完全買い切り型でアップデート無料
ライセンス100%GPL。
複数のサイトに使うことが可能
エディタブロックエディタ完全対応
※クラシックエディタにも対応あり
乗りかえサポート乗りかえプラグインあり
AFFINGER5、Cocoon、JIN、SANGO、STORK、THE THOR対応
リッチコンテンツ機能メインビジュアル、記事スライダー、ピックアップバナー機能あり
コミュニティユーザー限定サイト「SWELLERS」(無料)
より

※当記事で使用しているデータはすべて2021年11月時点のものです

WordPressテーマ『SWELL』の6つのメリット

初心者がSWELLをつかうメリット

  1. ブロックエディタから始める初心者には最適
  2. 操作が直感的でわかりやすい
  3. 記事をかくスピードがあがる!
  4. どんな雰囲気のブログにもできる
  5. ユーザー専用コニュニティで交流できる
  6. アップデートが頻繁にあり開発者が意欲的
→SWELL公式サイトへ

\ 初心者ならSWELLが「速い」/

①ブロックエディタから始める初心者には最適

WordPressにはブロックエディタとクラシックエディタがあり、SWELLはブロックエディタに特化したテーマです。

クラシックエディタは2021年でサポートが終了するので、ブロックエディタが使えるようになるSWELLは時代のながれに乗ったテーマだといえます。

②操作が直感的でわかりやすい

「ブログを簡単に・楽しく・素早く書けるように」と公式サイトにもありますが、SWELLではブロックエディタを数クリックすると自分の思いえがくデザインにたどりつけたりします。これが楽しい。

むずかしいことはなく「これかな?」とクリックすると枠ができ、吹きだしになり、投稿リストとなります。

機能が多すぎて混乱したり、操作方法が難解ですすめない!ということもありません。

③記事をかくスピードがあがる!

記事がすすまない原因として、自分の思うデザインにたどり着けずに時間を浪費するということがあります。

SWELLではかんたんな操作で自分のイメージしたデザインをえがけます。

そしてWordPressの操作でつまづくことが減るので、そのぶん記事のライティングに集中できるのです。

④どんな雰囲気のブログにもできる

SWELLには「シンプルで美しいデザイン」がテーマの6種類のデモサイトが用意されています。

SWELL公式サイトから着せ替えファイルをダウンロードすれば、自分のサイトをお好きなデモサイトに着せ替えることができます。

元となるサイトが用意されているのは初心者にとってうれしいですね。

そのデモサイトを元にしてカスタマイズしていけば、驚くほど洗練されたサイトをつくることができます。

→ SWELLのデモサイトへ

⑤ユーザー専用コニュニティで交流できる

SWELLを使うと、 SWELLユーザー限定の会員サイト 「SWELLERS」を利用することができます。

「SWELLERS」で質問すると、開発者・了さんが直接答えてくれたりベテランの人が教えてくれたりします。

たよれる人のいない初心者にとって、このようなコニュニティに参加できるのは心強いばかりですね。

⑥アップデートが頻繁にあり開発者が意欲的

開発者の了さんはかなり頻繁にブロックエディタの機能追加やウィジェットの追加などをしています。

Twitterでフォローしておけばアップデート情報をすぐに受け取れます。

ユーザー限定サイト「SWELLERS」にもひんぱんに顔をだし質問に応えてくれたり、場合によっては追加機能を検討してくれたり頼もしい!

→SWELL公式サイトへ

\ 初心者ならSWELLが「速い」/

WordPressテーマ『SWELL』の3つのデメリット

初心者がSWELLをつかうデメリット

  1. 新しいテーマなので疑問点を検索してもみつからない(→解決済み)
  2. 多機能な有料テーマを使いこなしている人には不向き
  3. できる限りお金を出したくない人には不向き

①新しいテーマなので疑問点を検索してもみつからない(→解決済み)

うれしいことにSWELL利用者は急速に増えていて、SWELLの操作方法をくわしく解説してくれているサイトも増えています。

またSWELLERSというSWELLユーザー限定の会員サイトで質問することもできるので、SWELLの疑問点は解決できるでしょう。

②多機能な有料テーマを使いこなしている人には不向き

Affinger6など多機能で難易度がたかいテーマを使いこなしている人は、機能面で不満がでるかもしれません。

逆にHTML、CSSの知識はないという場合はSWELLが最適です。

初心者の筆者にはまだSWELLの機能を使い切れていませんが、機能を把握するのに多すぎることはなく探しやすい、使いやすいという印象です。

③できる限りお金を出したくない人には不向き

WordPressでサイトを作ってみたかった、などまず使いかたを試してみたい場合は無料テーマではじめてみるのも良いでしょう。

SWELLは17,600円(税込)で有料テーマのなかでも少し高めです。しかし複数サイトで使えるうえ買い切り型のライセンスなので、じつはコストパフォーマンスが高いお得なテーマだといえます。

→SWELL公式サイトへ

\ 初心者ならSWELLが「速い」/

他有料テーマ比較

SWELLとほかの有料テーマ4つと一覧表で比較してみます。

人気のある有料テーマと比較してありますので参考にしてください。

有料テーマ価格複数サイト高速化初心者デザイン
SWELL17,600円最速わかりやすい全般
AFFINGER14,800円
本人使用サイト限定
ふつうわりとむずかしい全般
THE THOR16,280円
本人使用サイト限定
速いむずかしい全般
DIVER17,980円
本人使用サイト限定
速いわりとむずかしい全般
SANGO11,000円
本人使用サイト限定
最速わかりやすいやわらかいデザイン

どれも魅力のある有料テーマですが、初心者がつかいやすいテーマはSWELLです。

2019年3月に発売された最新のWordPressテーマであるSWELLは、サイトの表示速度も群を抜いています。

表示速度について詳しく知りたい人はSWELLマニア(かんたさん)のサイトをご参照ください。

SWELLの独自ブロック機能を動画で紹介

ここではいくつかのSWELLの便利機能を動画でご紹介します。

気になるモノだけピックアップしてごらんください。

  • 記事スライダー
  • 投稿リストブロック
  • 段落ブロックの枠デザイン
  • ふきだしブロックのデザイン

記事スライダー

よかったらシェアお願いします!
タップできる目次
閉じる